新着情報

社会貢献活動 新着情報

  • 2016.06.13

    【ちょいと宣伝】「奔走老人」谷川 洋著

    ラオスの教育支援でお世話になっている
    NPO法人 AEFA アジア教育友好協会 の谷川理事長が本を出版されました。

    「あなたの村に学校をつくらせてください」
    60歳からアジアの山岳地域を本題通り「奔走」されたお話が書かれています。

    理事長やスタッフさんの学校作りにかける情熱
    人さまのお役に立ちタイという気持ちが伝わってきます。
    前向きな内容に元気と励みをもらえました♪

    これからも。ますますお元気で「奔走」されます事を願っています。

    ページの先頭へ

  • 2016.05.14

    ◎◎ラオスの授業風景◎◎

    私たちパクチーが支援しているラオスのナサイプーカム小学校での授業風景です。
    手を上げる時は、人差し指を立ててがラオス式だそう。
    先生の質問に、生徒たちは積極的に手を上げてました♪

    ページの先頭へ

  • 2016.05.06

    ラオス小学校への支援活動@三条パクチー

    昨日、三条パクチーにてラオスの教材作りを行いました。


    ラオス語のアルファベット帳をパウチして、はさみでチョキチョキ。
    ワイワイと盛り上がりながら作業しました。
    お手伝いいただいた有志の皆さま、ありがとうございました!

    ページの先頭へ

  • 2016.04.26

    京都新聞に掲載されました

    ラオスでの小学校支援活動の取り組みが、本日の京都新聞 夕刊紙に掲載されました。

    取材してくださったHさん、ありがとうございました!
    これからも、「パクチーアジア支援の会」として、コツコツと教育支援に取り組んでまいります。

    ページの先頭へ

  • 2016.03.03

    【南ラオス小学校視察】夕日をながめながら

    本日もラオスの大地を
    ピックアップトラックの荷台に揺られながら
    僻村の小学校を駆け回りました。
    勉強、勉強。(きく)

    ページの先頭へ

  • 2016.03.02

    【南ラオス小学校視察】街に近い学校の生徒たち

    ラオガム小学校とドンニャイ小中高校の生徒たちは、少数民族です。
    独自の言葉を持っていますが、学校が街に近いので
    ラオス語のコミュニケーションは特に問題ありませんでした。

    私たちが支援しているナサイプーカム小学校は同じく少数民族。
    ですが
    独自の言葉プラス、文字を持たない民族なのです。
    果たしてお手製の補助教材がお役に立てるのかどうか
    現地で確認してまいります!
    (ミキ)
     小学四年生。5桁の計算を問題なく解いてました。
     机は2人、もしくは3人掛けです。
     昼休みは家に帰ります。妹や弟のお守りも生徒たちが担当します。
     中学一年生から英語を勉強します。
     昼休みに絵を描いていた生徒たち。
     私より断然上手でした!
     男子学生はこんな絵を。聞けばイケメンの友達を描いたそうです。
     高校二年生の教科書。テクノロジーについて
     高校三年生のみなさんです。卒業したら進学したいと言ってました。

    ページの先頭へ

  • 2016.03.02

    【南ラオス小学校視察】小中高一貫学校にて

    ◎◎南ラオス サラワン県小学校視察◎◎
    昨日は県内の小学校二校を訪問しました。
    そのうちの一校、ドンニャイは小中高一貫の学校です。
    小中高の生徒合わせて700人!
    たくさんの生徒が在籍しています。

    教材の不足
    図書室がない
    パソコンが全校に一台
    高校への進学率の低さ(仕事や結婚の理由による)
    そして
    教師への教育支援
    先生とお話ししていると、いろんな問題点がでてきました。

    一度に解決する!なんてコトは難しい。
    ですが
    現地の人びとと支援側が話し合って協力し合いながら
    改善策を探っていければ、と思います。
    (ミキ)
     ラオガム小学校。校庭は赤土です。
     

     月に一度 学力テストが行われ、結果が貼り出されます。
     

     校舎は一階建てが一般的です。
     

     先生との話し合い。左は校長先生、右が現地のNPO ノンさんです。


     ドンニャイ校の先生たち。村を案内してくださいました。
     

     先生たちは20代〜30代がメイン。女性が多かったです。

    ページの先頭へ

  • 2016.03.02

    【南ラオス小学校視察】また会えたね

    ラオス南部、最貧県のひとつ
    サラワン県に入って学校視察しています。

    昨日はラオガム郡でした。

     
    カエルの目刺しや活きカナブンも
    貴重なタンパク源なので、市場では売れ線です。。
    (きく)

     

    ページの先頭へ

  • 2016.03.01

    南ラオスへの道のり その3

    タイからラオスへ無事入国できました。
    国境からほど近い街、パクセーで今日はお泊りします。
    雄大なメコン川をチラ見して、すぐさま市場での買い出しへGO!
    明日から少数民族のいる僻村へ移動します。(ミキ)

     タイーラオス国境間の荷物の移動はリアカー車にお願いしました。

     ラオスの入国管理局へは歩いていきます。

     ラオス側の入国管理局です。

     ラオス国境から車をチャーター。暑いのにフェイクファーの敷物が。見ているだけで暑いです。。。

     雄大なメコン川。手前の橋は日本のODAで造られました。

     パクセーの市場にて。まずはカオニャオ(もち米)の籠たちをゲット。

     生徒たちに使ってもらう空気入れを見つけました♪

     値段交渉はあくまでもシビアです。。。

    ページの先頭へ

  • 2016.03.01

    南ラオスへの道のり その2

    イサーン地方のウボンラチャタニー空港に到着しました。

    無事到着 

    ですが。
    預けておいた荷物2個が待てどくらせど出てこない!
    というトラブルがまたもや発生!

    痺れを切らせてターンテーブルの外を覗くと。。。

    荷物発見!
    カート車にちょこんと載ってました。
    あ〜よかった。

    荷物揃いました!

    厄も落ちた?ので、一路ラオスに向けてレッツゴー!です。

    (ミキ)

    運転手さん 一路ラオスへ

    ページの先頭へ

[1]| 2| 3| 4| 5| 6| 7 次へ→

パクチーTOPに戻る