新着情報

タイ現地ニュース 新着情報2013年07月の新着情報

  • 2013.07.30

    【クンマリ現地ニュース39】バンコクの旧市街のトンブリー地区...

    私の住んでいるトンブリー地区は、バンコクの旧市街の地区です。まだまだ開発されていないところが沢山残っていて、日本人ながら、ふと懐かしい気分を感じたりします。通りからは眺めることができないソイ(小路)の奥には、こんなお店も。(ちなみにここは金物屋さん。)

    駄菓子やさんには自転車で小学生くらいのグループが駆けつけていたり、おばあちゃん、おじいちゃんが涼みながら世間話をしていたり、子供をあやすお母さん、バイクを手入れしてる工場帰りのお兄さん、でっかい音量でルークトゥン(タイ演歌)かけて、鼻歌交じりに新聞読むおじさん。もちろん、おかずからデザートまで次から次へ、ひっきりなしにちりんちりんと屋台が通ります。夕方の トンブリーは、バンコクにありながらも、ここだけ時間がゆっくり流れているような、独特の雰囲気があります。

    最近はBTSや地下鉄等の延長工事の影響で、トンブリー地区もあちこちに新しい建物ができてきました。あと何年かすると、こういう味のある建物もなくなっていくのかなぁと思うと、少し寂しい気持ちになりました。

    (バンコクスタッフ  クンマリ)

    ページの先頭へ

  • 2013.07.22

    【クンマリ現地ニュース38】アサラハブーチャとカオパンサー

    7月22日(月)はアサラハブーチャ(三宝節)、23日(火)はカオパンサー(入安居)です。この週末は4連休なのでお寺に行ったり休暇を楽しんだりする人が多いですね。

    家の地区の学校・地域の人たちでヘーティヤン・カオパンサー(蝋燭をお寺に寄付する行事)をしていました。ど派手に飾り付けられたピックアップ車の荷台に、きれいに彫刻を施したティヤンカイ(黄色の蝋燭)をのせて、通りをパレード。このあとティヤンをお寺に持っていって、タンブン(お布施)という感じです。

    カオパンサーから3ヶ月後のオークパンサーまで、お坊さんはお寺に篭って修行に励みます。昔は夜は蝋燭の火を光にしていたので蝋燭が必要でしたが、今ではどこも電気になっていますよね。なので、儀式だけ蝋燭を使い、実際には電球をお布施する 、というのが増えてきたそうです。
    (バンコクスタッフ  クンマリ)

    ページの先頭へ

  • 2013.07.12

    【クンマリ現地ニュース37】山頂からの眺望

    ラッブリー県は、タンブン(お布施)をしに行きました。

    こちらはワット・ノーン・ホイというお寺で、山の上にある中国式のお寺。
    展望台も兼ねていて、景色がすごくきれいで有名です。

    雨が降っていたのですっきりは見えませんでしたが、見渡すと広々していて気持ちが良かったです。

    土日ということもあってかなりの人がいました。
    (バンコクスタッフ  クンマリ)

    ページの先頭へ

  • 2013.07.10

    【クンマリ現地ニュース36】タイファッションの定番カラー

    旦那さんの姪っ子たちと、ラッブリー県(バンコクから車で1時間半程)に行ってきました。

    この日のためにお揃いでおしゃれ服を買って来たそうで、めちゃめちゃ目立ってました。

    タイ人たちって、南国気質(?)といいますか、割と派手な色を好む傾向がありますが、子供たちも、一緒に選びに行くと、ショッキングピンク・蛍光イエローなんかの派手派手の色が好きなんだそうです。

    迷子にならなくていいかも!?・・・と思いましたが、他の家族連れの子たちも、みんなこういう系統の色でした。(笑)

    (バンコクスタッフ クンマリより)

    ページの先頭へ

  • 2013.07.09

    【クンマリ現地ニュース35】バスに乗るお坊さん

    お坊さんもバスに乗っていましたのでちょっと失礼して1枚。

    タイのお坊さんは公共の乗り物は無料です。バスの場合は入り口付近の一番近い席はお坊さん専用、というのが常識で、お坊さんが乗車してきた際は、すみやかにゆずることになっています。

    女性はお坊さんの袈裟にも触れることが許されていないので、満員バスで近くになる場合は少し注意が必要です。

    (バンコクスタッフ クンマリより)

    ページの先頭へ

  • 2013.07.08

    【クンマリ現地ニュース34】髪を切りました!

    私事ですが、昨日髪を切りました。もちろん、ローカルな地元の美容室です(^^)カット・ブロー・セットが全部込みで150バーツ(約450円)。


    ローカル美容室は本当にいたるところに沢山あるので、お気に入りの美容室を見つけるのも楽しみの一つです。予約制のところはほとんどないので、いきなりお店に入ってもすぐにカットしてくれますよ。

    短くするだけなら、っていう時に便利な床屋さんもあります。バリカンで切るだけなので、「子供30バーツ(約90円)、大人50バーツ(約150円)」なんて看板をよく見かけます。

    (バンコクスタッフクンマリより)

    ページの先頭へ

パクチーTOPに戻る